ネットビジネスについて毎日考えるためのブログ

毎日1本 ネットビジネスについて考えるためのブログです。特に動画だけにこだわっていませんが、特にテレビ対ネットは一番わかりやすい構図なのでこれをURLに入れてみました。

Abemaは成功できるか?世界初のネット無料広告モデル その②

昨日のエントリーに続いてAbemaのチャレンジを考えてみたい。

動画配信ビジネスでもうけるためには、

①月額課金

②アダルトに代表されるPPV

③広告

があるが③で300億の売上げを出そうというのがAbemaの目標である。

①だけで出来ているのがDtvだが、他は②が無いとビジネスとしては成立していない。

なぜか?

アダルトは買いきりだからだ。

人気のあるドラマや映画などは、特に日本は著作権、肖像権の処理が非常に面倒くさい。

最近は変わってきているということだがドラマに出ている人全てに承諾を

取らなくちゃネット配信できないという場合があるので

仮に筆者がドラマにちょこっと出ていれば厳密に言うと筆者の許諾を取らないと

ネットに出せない。

全てのドラマがここまで厳密ではないが、例えばジャニーズのタレントが出ている

ドラマをネット配信でみれるか?というと見れない。

ジャニーズはネットを認めていないからジャニーズがOKしない。

 

ちょっと古いがキムタクが出ていたロングバーケーションがネットで見れるか?

というと違法動画サイト以外では見れない。

 

このようにドラマの(特に古いまたはジャニーズの)版権処理が非常に面倒くさいのに対して、アダルトは買い切りなのだ。

一回 女優にギャラを払ってしまえば、(ほぼ)一生権利をその会社が使える

というものなので、バンバン ネットに出せる。

アダルトは確かに人間の性という三大欲求を満たすものなのでコンテンツとして

人気があるということもあるが、権利処理が極めて簡単なのでネット配信がやりやすいのである。

 

 

ここで冒頭に戻ると、Abemaは②のアダルトはやっていない。

 ①の月額課金もやっているが、正直 月額課金でみるなら、既に国内では

DtvやHuluがあるのだから、いまさらAbemaを見ない。

ということで③の 無料広告モデルなのである。

 

 

藤田さんの新経団連でのコメントにもあるとおり、広告の出稿は順調なようだ。

 

CA藤田社長、AbemaTVへの200億円の投資について「いかなる批判があっても耐えきるしかない」 - ログミー

 

ただYoutubeでさえ、ようやく黒字化の可能性が見えてきたといっているレベルなので

無料広告モデルで売上げを上げたくば、

(a)圧倒的な再生回数

(b)広告単価を上げる

のいずれかになる。

 

(a)はこれからAbemaが独自のコンテンツ制作を行い、ユーザーをつかめるかどうか?

にかかっている。面白いコンテンツを出せる制作力を持てれば再生回数はあがるし、

先日の亀田のような企画がもっと出来てくれば自信もつくだろう。

ただ再生回数を上げるために、他社からコンテンツを買ってくることを継続すれば

その調達コストのためにいずれビジネス継続性については限界が来るだろう。

 

(b)についてだが、広告単価を上げるためには、当然ながら

多くのユーザーが長い時間その動画を見続けるコンテンツが必要になる。

 

筆者からの提案としてはやはりスポーツだ。

スポーツのライブは広告価値が非常に高い。

これは全世界共通しており、Superbowlの広告などは30秒で5億円だ。
(ぎゃー!!)

 

www.buzzfeed.com

 

筆者が考えるAbemaの成功はまずこういったスポーツライブなどを通して

放送局ではチャンネルが限られているが、ESPNのようにスポーツ専門

チャンネルを増やし、そのスポーツのライブを見たいというユーザーを増やすことだろう。

 

 

どんなスポーツでもコアなファンは存在するもので、

例えばだがラクロスなども面白いと思う。

水泳もAbema Fleshでやっていたが、結構 周りにいるコアな水泳ファンは見ていた。

 

個人的には純粋な広告モデルにこだわらずこういったコアなスポーツは100円でも

200円でも課金したらよいのでは?と思うが、今日のところはここまでにしたいと思う。

まとめとしては、

・DtvやHuluなどの動画配信をやっている他社と同じことをやっても成功しない

・広告モデルはスポーツライブがかぎになる。

・ニッチスポーツを取ることを狙え!そして課金せよ!

がAbemaの成功の鍵だと思う。