ネットビジネスについて毎日考えるためのブログ

毎日1本 ネットビジネスについて考えるためのブログです。特に動画だけにこだわっていませんが、特にテレビ対ネットは一番わかりやすい構図なのでこれをURLに入れてみました。

AbemaTVは民放ではなくWOWOW, スカパーのシェアを奪うべき

どう頭をひねってもAbemaTVが民放のマーケットを取れるとは思えない。

たぶん、藤田さんも同様に無料の広告モデルで期待しているほどの売上げが立てれていないことにやきもきしているのだと思う。新経団連のインタビューでもそれが伺える。


前回のエントリーでも書いたが、民放の強みは、制作力と編成力である。
また更に付け加えるのであれば、数十年以上の歴史を持つ組織としての強みである。
スタートアップにはまねできない組織としての強みがあるから民放は
今もメディアのKINGの位置を維持しているわけだ。


書籍などではネガティブにまた過剰にタイトルを書きたてることでPVや購読者を増やそうとしているので私たちもそのような考え方になりがちだが
(例えば、放送局の崩壊!などというタイトルの本が並んでいるが、
 インパクトがあるタイトルを付けているに過ぎない)
これだけしっかりしている日本の会社のシェアを奪うことはとてもハードルが高い。


制作と編成のノウハウに組織力があるから、ホリエモンだって、
楽天の三木谷さんだって苦労したわけで、それに加えて電波は
免許制だからなおさら参入できないというわけですね。


ということで、民放の市場を狙ってもAbemaが勝つことは難しいでしょう。


ただAbemaがWOWOWやスカパーの市場で勝つということは
可能性があると思います。少なくても海外では、こういった
ケーブルテレビ(PPVや月額課金形式のテレビ市場)は
ネット企業がシェアを取っていっている
という実績があります。


NetFlixは言わずもがなコードカッターと呼ばれケーブルTVの
シェアを奪っていますし、NetFlix以外にDAZNもカナダで
NFLのスポーツのパッケージを20ドルで展開し、
ケーブルテレビの市場を奪っていっているという状態です。



Abemaが無料広告モデルで売上げを立てているイメージはまったくわかないが、
WOWOW、スカパーのモデルで成功しているモデルはイメージがわきます。
Abemaの24/7のライブ配信とザッピングの品質の高さなら、
月に1000円、2000円のパッケージがあって、それで例えばテニスチャネルとか
ラグビーチャネルとかボクシングチャネルとかがあってライブ配信
見れるというモデルなら売上げが立つイメージがわきますね。
何せ1000万ダウンロードがされているわけなので、1%の加入者でも
月に1億程度はこれで売上げが立ちます。


また月に300円の格安パッケージを出して、その代わりに広告は何度か入れる
というモデルも十分にありでしょう。
これは海外のCBSNBCなどのTV Everywhereをやっているところと
同様のモデルですね。

 

 

ちょうどDAZNがCanadaで20ドルのNFLのパッケージビジネスを始めた。

この月額課金というのはなんだかんだ言って勝ちモデルなのだ。

 

www.timescolonist.com

なぜアメリカのボクシングは儲かるのか?

フロイドメイウェザーとパッキャオの世紀の一戦は

メイウェザーが1億2000万ドル(約144億円)でパッキャオが8000万ドル(約96億円)

稼いだといわれています。

 

日本では辰吉と薬師寺の試合が各々1億円程度 といわれており、

これが日本のボクシングの歴史では一番高いファイトマネーといわれていますね。

 

何故 ここまでファイトマネーの違いが出るのか?

というところについては、ボクシングファンの母数が違うことが理由だったりしますが

それ以上にPay per viewのシステムがアメリカでは成り立っていることが大きいですね。

 

アメリカでは国土が広いことから日本のように鉄塔を立てて

そこから放送波を出して送るというよりもケーブルを引っ張って

コンテンツを流した方がコスト的に良いため、ケーブルテレビが主力です。

 

以下、引用:

しかしアメリカでは各種ケーブルテレビや衛星放送による配信がメインで、地上波のみの受信世帯は2010年でテレビ受信世帯全体の9%に過ぎない(同一資料内から)。

www.garbagenews.net

 

ということで、90%以上がケーブルテレビでコンテンツを見ており

アメリカ人にはコンテンツの買う、買わないの選択肢があったりします。

 

毎月一定額支払って、基本パッケージにはいっておけばニュースや

スポーツなどが見れるが、更にこれに加えて見たいコンテンツはお金を払って買う

という仕組みになっているので、パッキャオ VS メイウェザー

価格が高騰したこともありPPVで100ドル近い値段になりました。

 

やはり話題性が高いためみんな、そのライブを見たいと思ったのでしょう。

このPPVや、また居酒屋やバーなどの大きなスクリーンで見せるために

コンテンツを買ってそれを実に来ている客に対して課金するということが

行われるがために数百億という単位でのPPVが成立するわけですね。

 

 

日本でも昔はXジャパンのライブをPPVで見せるなどの取り組みがあったのですが

すっかりPPVでお金を取るという発想は皆さんもうやめて、

月額課金でお金を取るほうに流れていますね。

どうもPPVというコンテンツの課金方式は日本に根付かないようです。

 

 

ただPPVは根付かないのですが、日本にはファンのためにグッズを買って

応援するという文化はあります。

 

よって、Abema TVが例えばですが、Abema Pointを作ってアイドルや

人気歌手をポイント制で応援する仕組みを作れればPPVまでとは言わずに

売上げをあげれる可能性があるわけですね。

 

 

このネットライブ+通販の可能性についてはまた別の記事で書いてみたいと思います。

Abemaは成功できるか?世界初のネット無料広告モデル その④

Dtvが自社製作ドラマ 銀魂をリリースし、これがDtvの歴代No.1を記録したというリリースを出している。

 

www.jiji.com

 

といっても歴代の自社製作ドラマが進撃の巨人闇金うしじま君

というものなので、それと比較しても という声はあるものの

筆者は非常に面白い動きだと思ってみている。

 

なぜか?

 

この自社製作ドラマというものが、将来の放送を含めたビジネスモデルの

根幹を変えうるポテンシャルを持っているからだ。

 

テレビがすごいのは、制作と編成 が優れているからである。

この制作力と編成力というのは放送業界が長年培ってきた

ノウハウであり、ネット業界がそう簡単にまねすることができない。

 

日本にNetflixがきて、House of cardsが日本でも相当みられる?

日本でもコードカッティング(テレビの変わりにNetflixみる)

という現象が起こる?という人もいたが、Netflixは本国のような成功は

日本ではできず、第6位にポジションしている状態だ。

 

vod.entertainment-fan.com

 

 

 

 

単純にNetflixが日本でそこまで力を入れていないのではなく

TBSや日テレの作るドラマが面白いのである。

 

テレビ局の持つ制作力というのが、Netflixが作るようなコンテンツよりも

遥かに面白いから視聴者はHouse of cards見るよりも、毎週決まった時間に

テレビでドラマをみている。

 

 

ただテレビ局の作るドラマというのには、著作権の問題点がある。

テレビの視聴率を上げるためにジャニーズを起用したら、

ジャニーズはネットを認めていないわけなので、ネット配信はできなくなるわけだ。

 

 

こういうった著作権を自由に活用できないことが

ネット業界で特に定額配信をしている人たちからすると

足かせなのだろう。

 

そうであれば と 自分たちで企画を持って制作してしまえ!

というのが今回のような銀魂の企画である。

 

自分たちでシナリオを書いて、制作してしまえばある程度

著作権は自分たちの自由に使える。

 

 

これが将来的にネットビジネス特有のlong tail ビジネスに貢献する可能性はある。

 

 

テレビはTsutayaに行かないと、昔見たドラマをみることはできない。

 

東京ラブストーリーをふと 見たくなっても

ネットで検索してみることができない。

これはテレビが作成したドラマだからだ。

ただ銀魂のドラマをふと 見たくなったら

Dtvにいけば500円かかるけど見れる。

 

 

こういった視聴者のロングテールニーズを汲み取っていけるのが

ネット動画配信であり、ここに自社製作ドラマの狙いもあったりする。

 

 

やはりAbemaもキーとなるのは自社製作がどこまで成功するかだろう。

そろそろ他社からコンテンツを買ってくるのではなく

自社コンテンツに投資していくタイミングなのかも知れない。

 

Abemaは成功できるか?世界初のネット無料広告モデル その③

前回のエントリーに続き スポーツがいかに広告媒体としてテレビでもスポーツでも価値があるか?について調べてみた。

The cost of a Super Bowl ad this year is about $5 million – and that’s just for a one-time airing. Add the cost of production and all the marketing activity required to spur viewership far past the airwaves, and you can start to imagine the pressure on creative directors to get the commercial exactly right.

 

こちらはFobusからの引用だが、スーパーボールは1回の広告で5億円かかる。

それだけスーパーボールからは目が話されないでみられるということだ。
30秒後に決定的な場面がになるかも知れないから、誰もCM中にチャンネルを変えるということはしないし感動を味わうためには、家に帰ってDVDの録画をみるよりも テレビでもネットでもかまわずライブ配信を画面にかじりついてみているのである。


そしてエンゲージメントタイム(CM中にチャンネルを変えない)に加えて重要なのは、その媒体がブランドイメージをあげるものになり得るか?
というのが大切になる。

 

Audiがスーパーボールで流した広告というのがこちらのものだが、Equal pay for women(男女の賃金の平等を)を訴えたものである。
※ただこのCMは失敗したと言われている。。。 男女平等を訴えて逆に女性から反感を買ったとかなんとか。

www.youtube.com


ただスーパーボールのCM枠のストーリーにはAbemaが成功するヒントがある。

企業ブランドイメージを向上させるようなエンゲージメントタイムが高いコンテンツ
をAbemaが作って流せるか?というのがキーになるのだ。

その一つのコンテンツとしてスポーツがある。

スポーツは別にメジャースポーツでなくても良い。

 

こちらは日本のスポーツ競技人口調査だ。

http:// http://preneta.b2you.biz/shakaisekatu/sportscounts.html

 

水泳が3位にあり、今週に世界水泳がライブで流れるのでこれは広告としても面白いだろう

また意外とボウリングや卓球、テニス、ソフトボール(女性が多いのでは?)なども人気があるので
このあたりでユーザー参加型の(クリーンな)企画を作れれば、スーパーボールまではいかないにせよ
広告価値の高い媒体となれるのではないだろうか。

 

 

Abemaは成功できるか?世界初のネット無料広告モデル その②

昨日のエントリーに続いてAbemaのチャレンジを考えてみたい。

動画配信ビジネスでもうけるためには、

①月額課金

②アダルトに代表されるPPV

③広告

があるが③で300億の売上げを出そうというのがAbemaの目標である。

①だけで出来ているのがDtvだが、他は②が無いとビジネスとしては成立していない。

なぜか?

アダルトは買いきりだからだ。

人気のあるドラマや映画などは、特に日本は著作権、肖像権の処理が非常に面倒くさい。

最近は変わってきているということだがドラマに出ている人全てに承諾を

取らなくちゃネット配信できないという場合があるので

仮に筆者がドラマにちょこっと出ていれば厳密に言うと筆者の許諾を取らないと

ネットに出せない。

全てのドラマがここまで厳密ではないが、例えばジャニーズのタレントが出ている

ドラマをネット配信でみれるか?というと見れない。

ジャニーズはネットを認めていないからジャニーズがOKしない。

 

ちょっと古いがキムタクが出ていたロングバーケーションがネットで見れるか?

というと違法動画サイト以外では見れない。

 

このようにドラマの(特に古いまたはジャニーズの)版権処理が非常に面倒くさいのに対して、アダルトは買い切りなのだ。

一回 女優にギャラを払ってしまえば、(ほぼ)一生権利をその会社が使える

というものなので、バンバン ネットに出せる。

アダルトは確かに人間の性という三大欲求を満たすものなのでコンテンツとして

人気があるということもあるが、権利処理が極めて簡単なのでネット配信がやりやすいのである。

 

 

ここで冒頭に戻ると、Abemaは②のアダルトはやっていない。

 ①の月額課金もやっているが、正直 月額課金でみるなら、既に国内では

DtvやHuluがあるのだから、いまさらAbemaを見ない。

ということで③の 無料広告モデルなのである。

 

 

藤田さんの新経団連でのコメントにもあるとおり、広告の出稿は順調なようだ。

 

CA藤田社長、AbemaTVへの200億円の投資について「いかなる批判があっても耐えきるしかない」 - ログミー

 

ただYoutubeでさえ、ようやく黒字化の可能性が見えてきたといっているレベルなので

無料広告モデルで売上げを上げたくば、

(a)圧倒的な再生回数

(b)広告単価を上げる

のいずれかになる。

 

(a)はこれからAbemaが独自のコンテンツ制作を行い、ユーザーをつかめるかどうか?

にかかっている。面白いコンテンツを出せる制作力を持てれば再生回数はあがるし、

先日の亀田のような企画がもっと出来てくれば自信もつくだろう。

ただ再生回数を上げるために、他社からコンテンツを買ってくることを継続すれば

その調達コストのためにいずれビジネス継続性については限界が来るだろう。

 

(b)についてだが、広告単価を上げるためには、当然ながら

多くのユーザーが長い時間その動画を見続けるコンテンツが必要になる。

 

筆者からの提案としてはやはりスポーツだ。

スポーツのライブは広告価値が非常に高い。

これは全世界共通しており、Superbowlの広告などは30秒で5億円だ。
(ぎゃー!!)

 

www.buzzfeed.com

 

筆者が考えるAbemaの成功はまずこういったスポーツライブなどを通して

放送局ではチャンネルが限られているが、ESPNのようにスポーツ専門

チャンネルを増やし、そのスポーツのライブを見たいというユーザーを増やすことだろう。

 

 

どんなスポーツでもコアなファンは存在するもので、

例えばだがラクロスなども面白いと思う。

水泳もAbema Fleshでやっていたが、結構 周りにいるコアな水泳ファンは見ていた。

 

個人的には純粋な広告モデルにこだわらずこういったコアなスポーツは100円でも

200円でも課金したらよいのでは?と思うが、今日のところはここまでにしたいと思う。

まとめとしては、

・DtvやHuluなどの動画配信をやっている他社と同じことをやっても成功しない

・広告モデルはスポーツライブがかぎになる。

・ニッチスポーツを取ることを狙え!そして課金せよ!

がAbemaの成功の鍵だと思う。

Abemaは成功できるか?世界初のネット無料広告モデル その①

Abemaが成功できるかどうか?というのは日本だけではなく

世界中から注目を集めているものであろう。

というのも、このモデルが世界初のネット無料広告モデルへの

チャレンジだからだ。

 

 

 

え!アメリカではもうネット同時再配信がバンバンやられていて

無料広告モデルが成立しているんじゃないの?

という人もいると思うが、ようやくYoutubeが黒字を出すか出さないか?

という状態で、アメリカの3大放送局(現在はFox を入れて4大ネットワーク)

NBC, ABC, CBS, Foxがあるが、これらの企業は確かにネット配信をやっており

ネットでの広告でもうけてはいるが、完全なる無料広告モデルではない。

 

 

もしかしたら日本のビジネスマンも勘違いしている人がいるとは思うが、

アメリカの放送局がやっている広告モデルというのは、ケーブルテレビと

TV Everywhereという考え方が前提にある。

 

 

日本はケーブルテレビよりも放送波でテレビを見るのが主流なので

イメージがつかないと思うがアメリカはケーブルテレビが主流で

言ってみればWOWOWやスカパーのように見たい番組を契約して

月々100ドル支払うというモデルがテレビ局のモデルだ。

 

 

アメリカの放送局のネット配信は

”契約しているユーザーに対しては、ケーブルテレビのコンテンツも

 もうネットでも見れるようにするよ。だから解約しないでね。

ただ無料で見せ続けるにはお金がかかるから、1時間に6回は広告入れるから

 でも追加で100ドル払ってくれたら広告出さないで見えるよ”

というモデルなのでAbemaとはちょっと違う。

 

 

日本には、放送局公式の見逃し配信サービスでTVerがあるが

これも確かに広告モデルではあるが、純粋にTVerで放送局が広告で稼いでいる

売上げと同等のものを稼ごうなんて思っていないと思う。

TVerの目的はテレビ離れといわれている10,20,30代の若いユーザーへの

リーチを広げて、テレビの面白さを広げ、最終的にテレビに帰ってきてもらう

ということを狙っているアプリである。

 

 結局テレビか。

 

という人もいるかも知れないが、私からすると、このTverのビジネスモデル

というのは世界の中でもとても優れたネットとテレビのお付き合いのかたちだと

いえる。このTverの仕組みを世界のネット配信モデルを知ったかぶりして

ディスっている人がいるとするとそうとうおばかだと思う。

 

というわけでTverも完全に無料広告モデルではない。

アメリカでも日本でもヨーロッパでも完全無料広告モデルで成功している

ネット配信サービスは現在無い。 

 

さて本題のAbemaが成功できるか?という点についてだが、

まず何をもって成功か?というところからはじめる必要があるだろう。

 

Abemaの売上げ目標は

tarisaa.hatenablog.com

という記事があった。

Abemaは日本では確かにコンペがいない、無料動画配信モデルの絶対的なポジションを

築いてているし300億という売り上げ目標は達成可能に見えて中々遠い。

 

 

国内の動画配信サービスで最大手はDtvである。

japan.cnet.com

 

Dtvが月額500円だから、500万人の会員ということで

Dtvの売上げが300億円程度になる。

次がHuluだがHuluが150万人程度なので、

Abemaが目指しているのはビジネスモデルは違えど、Dtvということになる。

 

 

国内の動画配信サービスは様々あるが、アダルトを扱っていないで

成功している唯一のモデルがdtvで、Abemaもアダルトを扱ってはいないので

Dtvと同等規模の有料会員を持るか、300億を作るか?という話になるのだが

Dtvは

a)・Docomoという日本人にもっとも適する課金システム

b)・安心、安全のNTTというブランドがあった上の全国の販売網

c)・版権処理のプロであるAvex

という3つの要因があって成功したサービスなので、これは他社にはまねできない。

特にb)は放送局であってもまねできないので、本当に独特のサービスといえると思う。

 

 

というわけでAbemaが月額のサブスクリプションモデルで成功することは

Docomoと同じことをしなくてはいけなくなるので、これはおそらくAbema

自体も同じことをできるとは考えていないだろう。

 

 

そうすると広告モデルで数百億を稼げるか?という話になるのだが

実はアメリカでは結構前にこのチャレンジがあった。

今やめているというだけで、2011年にHuluが無料広告モデルにチャレンジしている。

 

引用すると

markezine.jp

 

調査会社comScoreがレポートした2011年2月のデータによると、Huluはアメリカで9番目に利用されている動画サイト。ユニークユーザー数は約2700万人とされている。

 視聴者数だけを見ればそれほど大したことはないサイトなのだが、注目すべきは動画広告の視聴数。Huluでは2月中に動画広告が約11億3100万回も再生されている。時間に換算すると約4億5400万分。アメリカで流れる動画広告全体の再生回数が約38億3000万回ということだから、Huluでそのうちの29.5%が再生されたことになる。

 

これが2011年のHuluの無料広告についての記事だが、Huluはその後、広告モデルを

(ほぼ)あきらめて、月額課金に走るのだが、この記事のポイントは

ユニークユーザー数が2700万人いて、かつネット広告がさかんなアメリカで

無料広告が成立しなかったことを書いているわけだ。

 

 

 

※本日はここまで!どうやれば成功するのか?はまた次回書きます!